お知らせ&コラム

MENU

名古屋市昭和区・瑞穂区からのアクセス良好なパーソナルトレーニングスタジオ Glim SC(グリムエスシー)

無料カウンセリング

トレーニングが言われたとおりにできているか不安になるのはあなたのせいではない

雑誌、ネット、TVの運動の情報を元に自分でトレーニングを試したことがある人は少なくないと思います。そのときに、本当にちゃんと出来ているのか不安を感じたまま、おこなっている方もみえるのではないでしょうか?

「やってはいけない」が人を不安にさせる?

以前の記事でとりあげた、「スクワットでは、膝をつま先より前にださない」のような指示は、その典型かと思います。やってはいけないといことを、その理由もなく書いてあるとしたら不安になって当然です。

よかったら、こちらもお読みください。

関連記事:「スクワット」膝をつま先より前にださないではなく、本当に意識してほしいこと

書かざる得ないのは分かります

直接の指導ではなく、一方通行で情報を発信する場合、怪我につながりそうなことを「してはいけない」という説明をつけたくなる心情は分かります。でも、そうした不安をできるだけ感じずにおこなえるような表現がされているかが問題になるかと思います。

不安になっても仕方がないので、やっていいことは何かを考えてみましょう。

どのようにおこなったらよいかシンプルに

そうした視点から考えると大切なのは、「膝とつま先の関係」ではないことが分かると思います。

大切なのは膝に不要な負担をかけないこと

適切におこなうことだけを考えた説明であれば、膝がつま先より前ということはそもそも触れる必要がないんです。そのためにどのようにしたらよいかが問題です。

お尻を引くのも手段

上でも書きましたが、膝ではないけれどお尻という部位にオザワも囚われいるのでは?という疑問をもたれた方もみえるかと思いますが、それはこのように考えていただければ。

目的の1つが、

「膝への不要な負担を生じさせない」

そのための分かりやすい、指示が「お尻を引く」と考えています。

その結果としておきる現象が、

「踵に重心が移る」

適切におこなえば、誰でもそのような重心の移動が生じるので基準として不都合がないかと思います。

また、相対的に身体の他の部位との関係性ではないので、誰でもその人が引けるとこまでですから、「つま先と膝」のようなまぎらわしさは無いと考えていますがいかがでしょうか?

また、お尻を引けない人は、それ以上しゃがむことができず、結果的にスクワットができないので、どこも痛める心配もないですよね。

ですから、次ぎのように自分でしてみてはいかがでしょうか?

やってはいけないではなく、やるべきことに置き換える

例えば、

「背中を丸めない」と書いてあったら、「背筋をのばす」に

慣れない動作をしているときに、意識してできることは多くありません。そんなときに「やるべきこと」より「やってはいけない」と意識するのは、かえって動作を正確におこなうことを難しくするだけだと思います。

優先することは何か

あとは、いくつかの課題の優先順位が大切かと思います。

今回のスクワットの例では、

スクワットの深さ<背中や腰が伸びた状態をキープできるところ

こういう場合の判断の基準は、

動作の大きさ<姿勢に関係する指示

一概には言えないのですが、このようなルールでまずは考えてみる。

動きの大きさが極端に小さくしかできないようであれば、その運動を無理しておこなうメリットがあまりないと考えたほうがよいと思います。

今回例にあげたスクワットの場合は、

「お尻を引けない」

「お尻を引いたまま、降ろせない」

このような状況です。

全ての方が、書かれているとおり、言われたとおりにできるわけではありません。その方にとってその時点での正解が必要です。そういった判断をこのようにしてみてはいかがでしょうか?

まとめ

この記事を書いているオザワも、「~いけない」は、つい言いそうになる言葉です。自分にも気をつけることを確認する意味でまとめてみました。

ここまで読んでいただいて、それでも「膝がつま先より」出てもよいのか悪いのかと思われるかたは、拘るところはそこではないという考えもあることを、まず知っていただければと思います。大切なのは、本質(膝に不要な負担をかけないなど)とズレたところで、どちらが良いか悪いかなどに悩んだり振り回されるのは不毛だと思いませんか?

関連記事:「スクワット」膝をつま先より前にださないではなく、本当に意識してほしいこと

CONTACTお問い合わせ

名古屋市昭和区のパーソナルトレーニングスタジオGlimSC(グリムエスシー)に
ご興味をお持ちいただいた方やご利用をご検討の方に無料カウンセリングをおこなっております。
まずはあなたについてカウンセリングでお聞かせください。

パーソナルトレーニングスタジオGlimSC(グリムエスシー)では、お電話での受付は対応しておりません

トレーニング中は集中して
お客様と向き合っているため
申し訳ございませんが、
お電話での受付は対応しておりません。
(会員の方には、緊急時等の連絡先として電話番号をご案内しております。)

ACCESSアクセス

パーソナルトレーニングスタジオGlimSC(グリムエスシー)

〒466-0026
名古屋市昭和区陶生町1-7-14
スプリングヒル桜山2F

受付時間
  • 平日
    9:00-12:00/14:30-20:00
  • 土・祝
    9:00-12:00/14:30-17:00
定休日 日曜日、第2もしくは第3月曜日
8月営業日カレンダー
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
定休日

地下鉄桜通線 桜山駅1番出口から徒歩2分

名古屋・栄から近いため電車・車など交通アクセスがしやすいです。
また、昭和区・瑞穂区からのアクセスがしやすい場所になっています。

お車でお越しの方へ

専用駐車場がスタジオ近くにございます。
下記住所をカーナビ等にご入力ください。

名古屋市昭和区陶生町2丁目14番地1
( GoogleMapで見る )

昭和区・瑞穂区のパーソナルトレーニング GlimSC(グリムエスシー)駐車場の写真