お知らせ&コラム

MENU

名古屋市昭和区・瑞穂区からのアクセス良好なパーソナルトレーニングスタジオ Glim SC(グリムエスシー)

無料カウンセリング

筋力トレーニングすると身体が重く感じたり速く動けないの?

スポーツに関心がある方に限らず

「筋力トレーニングをしすぎた結果、身体が大きく重くなり動作が遅くなる・・・」

のような話を聞いたことがあるのではないでしょうか?

でも、そのような状況が本当にあるのでしょうか?
もしあるとしたら本当に筋力トレーニングが原因でしょうか?

そもそも筋力トレーニングで体重は増えるのか?

重く感じるではなく、物質としての体が大きくなる(体重が増える)ことは筋力トレーニングだけではおきません。体が大きくなるには十分な食事も必要です。この段階で、少なくとも筋力トレーニングが原因と断言するのは無理があるというのは理解していただけると思いますが、もう少し考えてみましょう。

体重が増えた以上に筋力が向上しているか?

体重とトレーニングで扱う重量の関係を考えたことがありますか?

トレーニング開始時に体重50kgで50kgの重りを挙げていた方が、トレーニング開始と同時に食事も増やしたところ、2ヶ月後に以下のように体重とトレーニングで扱う重量が変化した場合について考えてみます。

体重:50kg→55kg、重り:50kg→52.5kg

体重比(重り/体重)でトレーニング前後を比較してみると

トレーニング前:50/50=1
トレーニング後:55/52.5=0.95

体重比:1→0.95

体重当たりの挙上重量は下がってしまった!

このようなケースでは2ヶ月前より重いものを持ち上げられるようになり、トレーニングの成果があらわれたと喜んでいても、増えた体重に見合うだけの筋力の向上がないため、いざ走ろう(動こう)としたらタイトルのように身体が重く感じる可能性は考えられます。

でも体重が増えすぎているのは、筋力トレーニングのせいではありませんよね?

強いて筋力トレーニングにも要因がないか考えるとすれば、筋力トレーニングの方法が適切ではなく筋力の向上幅が小さいとは言えるかもしれませんが、増え過ぎた(向上分に比べて)体重が問題なら、食事のコントロールと考えた方が良いですね。

それでは、筋力トレーニングのせいと言われないためには、どのような変化をおこせると良いのか考えてみましょう。

体重当りの挙げることができる重量を向上させることが大切

単に身体を大きくしたい人(見た目重視)でなければ、重量だけではなく体重当りの挙げることができる重量の向上を重視する必要があります。体重50kgの人が以下のように変化した場合、向上したと言えるわけです。

体重:50kg→53kg  重り:50kg→70kg

体重比:1→1.3

このような成果を得ることができれば、少なくとも重く”感じる”ということは生じないと思われます。
ただ、これが直ぐにタイム、球速、飛距離などスポーツの記録が向上するかは別の問題です。

筋力やそのバランスが変われば、感覚も効率、スポーツでのフォームもかわる

筋力トレーニングにより筋力の向上や弱いところが改善されれば感覚も変わります。

筋力トレーニング前が筋力が弱い部分を補うフォームだった場合、筋力が改善したことを活かすフォームに変わらなければ、せっかくの体を生かしきれないというケースもあるはずです。向上した筋力など身体能力の向上を生かすためには、スポーツでのフォームなどをあらためて最適化する必要があると考えられます。

目的に合った適切な筋力トレーニングをおこなうこと

筋力トレーニングの方法が目的に対して適切ではなく、筋力のバランスなどを悪い方に変化させてしまうということもないわけではありません。何も考えずに筋力トレーニングを行えば良いというわけではないということは理解しておく必要があります。見た目を重視した筋力トレーニングと、運動のための筋力トレーニングは同じではないということですね。

最後に、それ以外にも体が重いという場合もあるかもしれません。

急激にトレーニング量を増やしたために、能力の向上より疲労の影響が大きい

トレーニングが習慣になっていない方が、短期的に追い込むようなトレーニングを実施したようなケースです。

普段からトレーニングを計画的で継続しておこなわれている方と比べ、トレーニングを急に増やしたことによる疲労が強く残っている状況でおこりえます。筋力トレーニングで向上した能力よりも、一時的な疲労の影響の方が大きく、ポジティブな反応や感覚にならないことは考えられます。

このケースは筋力トレーニングのせいとも言えるかもしれませんが、筋力トレーニングの量と競技の練習量など疲労を考えて適切に実施をしていないことが問題です。筋力トレーニングの適切な取り入れ方を知る必要がありますね。

まとめ

筋力トレーニングだけでは体重は増えることはなく、食事を増やさないかぎりは増えません。体重別の階級で競うスポーツ選手は、重いものを挙げられる(外に仕事をした)分だけ体重が増えてしまっては困りますよね。何のために筋力トレーニングをしているのか忘れず、そのための適切な方法でおこない、食事も目的を考えて摂ることが大切ですね。

そして、足すことばかり考えると疲労が問題となります。回復を考えてパフォーマンスを落とさない様なトレーニングプログラムが必要なのを理解していただいて、筋力トレーニングを適切に取り入れることが大切です。

名古屋市昭和区・瑞穂区桜山パーソナルトレーニングスタジオGlimSC

CONTACTお問い合わせ

名古屋市昭和区のパーソナルトレーニングスタジオGlimSC(グリムエスシー)に
ご興味をお持ちいただいた方やご利用をご検討の方に無料カウンセリングをおこなっております。
まずはあなたについてカウンセリングでお聞かせください。

パーソナルトレーニングスタジオGlimSC(グリムエスシー)では、お電話での受付は対応しておりません

トレーニング中は集中して
利用者様と向き合っているため
申し訳ございませんが、
お電話での受付は対応しておりません。
(会員の方には、緊急時等の連絡先として電話番号をご案内しております。)

ACCESSアクセス

パーソナルトレーニングスタジオGlimSC(グリムエスシー)

〒466-0026
名古屋市昭和区陶生町1-7-14
スプリングヒル桜山2F

受付時間
  • 平日
    9:00-12:00/14:30-20:00
  • 土・祝
    9:00-12:00/14:30-17:00
定休日 日曜日、第2もしくは第3月曜日
12月営業日カレンダー
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
定休日

地下鉄桜通線 桜山駅1番出口から徒歩2分

名古屋・栄から近いため電車・車など交通アクセスがしやすいです。
また、昭和区・瑞穂区からのアクセスがしやすい場所になっています。

お車でお越しの方へ

専用駐車場がスタジオ近くにございます。
下記住所をカーナビ等にご入力ください。

名古屋市昭和区陶生町2丁目14番地1
( GoogleMapで見る )

昭和区・瑞穂区のパーソナルトレーニング GlimSC(グリムエスシー)駐車場の写真