お知らせ&コラム

MENU

名古屋市昭和区・瑞穂区からのアクセス良好なパーソナルトレーニングスタジオ Glim SC(グリムエスシー)

無料カウンセリング

アウター、インナーって洋服だけでいいんじゃない?

1日の温度差が大きくて、洋服の調整が難しい季節ですね?日中は上着もいらないくらいなのに、朝晩、自転車での移動時はまだ少し肌寒いです。

今回は、洋服がインナーとかアウターというように、身体の筋肉もそのように表現されることをよく聞くかと思いますが、トレーニングをするときにそんな風に分ける必要があるの?という話です。よく使われている思うのは「アウターばかりでなく、インナーマッスルも鍛えないと~。」のような表現ではないでしょうか?そうした上で、ゴムのチューブを使って肩の運動をしたり、(体幹トレーニングも同じような解釈でおこなわれいるかもしれませんね)しかし、この2つ別々に鍛える必要(鍛えなくてはいけない)があるものでしょうか?

インナーマッスルとかアウターマッスルって何?

 一般的に使われることが多い2つの言葉の意味だったり違いってなんでしょうか?使われている表現で多いと思われる内容で簡単にわけてみました。

1.インナーマッスル

内側の筋肉。小さい筋肉。

バランスをとったり、細かい調整をしている。

2.アウターマッスル

外側の筋肉。大きい筋肉。

強い力を出す。

上記のような、内容が一般的に使われているときの意味かと思いますがいかがでしょうか?今回はこのわけ方が正しいかということではなく、トレーニングは分けて鍛える必要があるか否かが話のテーマです。

別々に鍛えなくてはいけないものなのか?

指導をさせていただくときに別に鍛えるとか、考えてはいません。なぜなら、それぞれの役割はあっても、1つの動作の中でどちらかだけを使って動くということは考えられないからです。そのどちらかだけで動作が成り立つわけではないならば、分けて考える意味がないと思いませんか。

動作が同じであれば、負荷の強弱に関係なく使われる筋肉郡はおなじ

人間の身体の筋肉の使われ方の原則に、「全か無の法則」というものがあります。

「全か無の法則」

刺激の強さにより筋繊維の収縮の強さが変わることはない。

この法則をもとに考えると、

同じ動作ならば重さの重い軽い(刺激の強い、弱い)にかかわらず、活動している筋肉群は小さい筋肉群も大きい筋肉群もおなじと考えられる。重い重り(刺激を強く)を持ったからといって、大きな筋肉群の筋繊維だけでなく、小さな筋肉群の筋繊維も収縮の強さは変わることはない。とすれば、重りが重くなれば大きな筋肉郡だけではなく、小さな筋肉群の動員も増えると考えられる。

重さ(刺激)の違いにより大きな筋肉郡(アウターマッスル)が使われたり、小さな筋肉郡(インナーマッスル)だけが使われるように、身体の仕組みはできていないといえるかと思います。

ここで、「動員」という言葉を使いましたが、ある動作に使われているXX筋という筋肉があった場合、その筋肉の全ての繊維が収縮(力を発揮している)しているわけではありません。そとからの刺激(重さなど)が増えると、必要に応じてその使われる繊維の数が増えると考えください。

適切なフォームでおこなえる重さで

 では、この法則を具体的にトレーニングの際にどのように生かすのかを考えてみます。それは、目的にあった適切な運動をえらんで、適切なフォームでそのフォームが崩れない(同じ動作ができる)適切な重さ(刺激)でトレーニングをすることで、大きい筋肉郡も小さい筋肉郡も鍛えることができると考えればよいかと思います。

むやみに重くして、適切なフォームでおこなえないのが問題であって、重さを悪ではありません。

まとめ

トレーニングでは、「インナーとかアウターとか分けて考える必要はないですよ。」という記事でした。シンプルに、適切なフォームをとることに集中し、それが可能な重さからはじめて、少しずつ負荷を増やす変化をつけてあげることを考えればよいと思います。

CONTACTお問い合わせ

名古屋市昭和区のパーソナルトレーニングスタジオGlimSC(グリムエスシー)に
ご興味をお持ちいただいた方やご利用をご検討の方に無料カウンセリングをおこなっております。
まずはあなたについてカウンセリングでお聞かせください。

パーソナルトレーニングスタジオGlimSC(グリムエスシー)では、お電話での受付は対応しておりません

トレーニング中は集中して
利用者様と向き合っているため
申し訳ございませんが、
お電話での受付は対応しておりません。
(会員の方には、緊急時等の連絡先として電話番号をご案内しております。)

ACCESSアクセス

パーソナルトレーニングスタジオGlimSC(グリムエスシー)

〒466-0026
名古屋市昭和区陶生町1-7-14
スプリングヒル桜山2F

受付時間
  • 平日
    9:00-12:00/14:30-20:00
  • 土・祝
    9:00-12:00/14:30-17:00
定休日 日曜日、第2もしくは第3月曜日
2月営業日カレンダー
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
定休日

地下鉄桜通線 桜山駅1番出口から徒歩2分

名古屋・栄から近いため電車・車など交通アクセスがしやすいです。
また、昭和区・瑞穂区からのアクセスがしやすい場所になっています。

お車でお越しの方へ

専用駐車場がスタジオ近くにございます。
下記住所をカーナビ等にご入力ください。

名古屋市昭和区陶生町2丁目14番地1
( GoogleMapで見る )

昭和区・瑞穂区のパーソナルトレーニング GlimSC(グリムエスシー)駐車場の写真